映画館で観ないなんてもったいない

Scroll down

岐阜新聞 映画部

映画館で見つけた作品

See by chance

シチュエーションコメディの名手・矢口監督によるミュージカル

2019年09月23日

ダンスウィズミー

©2019『ダンスウィズミー』製作委員会

【出演】三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明
【原作・脚本・監督】矢口史靖

美しい風景の中で、極限に挑戦する人間を描いた稀有の傑作

2019年09月22日

フリーソロ

© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

【出演】アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス
【監督】エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ/ジミー・チン

無謀ではなく崇高なる挑戦

2019年09月22日

フリーソロ

© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

【出演】アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス
【監督】エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ/ジミー・チン

現在の政治への強い危機感が生んだ、世代を跨ぐ稀代の傑作

2019年09月21日

新聞記者

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

【出演】シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司
【監督】藤井道人

more

作品には製作者のメッセージが込められている。脚本、撮影や編集といった映像技法、そして音楽手段を用い、掛け合わせた演出から作り出される。スクリーンを通して送られたメッセージを理解した時、映画を見ることがより楽しくなるはずである。

映画にまつわるエトセトラ

Side stories

叶わぬ恋を描く恋愛映画の名手・今泉力哉

2019年06月07日

『愛がなんだ』と今泉力哉監督の恋愛映画

©2019「愛がなんだ」製作委員会

【出演】岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、穂志もえか、中島歩、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこ
【監督・脚本】今泉力哉

飄々とした自然体の演技で、映画の芯を引き締めていた

2018年09月30日

樹木希林さん、今までありがとう

©2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

北野武監督と柳島克己カメラマンの阿吽の呼吸による傑作たち

2018年05月11日

北野映画とキタノ・ブルー

©1993 バンダイビジュアル/松竹株式会社

more

作品には製作者のメッセージが込められている。脚本、撮影や編集といった映像技法、そして音楽手段を用い、掛け合わせた演出から作り出される。スクリーンを通して送られたメッセージを理解した時、映画を見ることがより楽しくなるはずである。

あなたの街の映画館

Neighborhood theater

キネマの天地にある映画館は街の人々を笑顔にする

2019年09月18日

テアトル蒲田/蒲田宝塚

 「蒲田は粋がない下町」。廣木隆一監督が手掛けた『やわらかい生活』で、主人公・優子を演じた寺島しのぶがパソコンにそう打ち込む。そして、東急プラザの屋上遊園地にある観覧車から、蒲田の街をデジカメに収める

瀬戸内海にある島に唯一残る映画館で映画を観る楽しみ

2019年09月04日

洲本オリオン(兵庫県)

 神戸市の舞子から高速バスで1時間ほど…早朝の明石海峡大橋を渡って淡路島へ向かう。車窓から乳白色の初夏の海が空と一体となった幻想的な風景が見える。淡路島は温暖な気候に恵まれ、東は大阪湾、西は播磨灘に面

名作『二十四の瞳』の舞台で、映画に浸る一日を過ごす

2019年08月21日

松竹座(香川県)

 間もなく、夏の太陽をたくさん浴びたオリーブが実る季節を迎える瀬戸内海の小豆島。初めて訪れたのは、去年のちょうど今ごろだった。四国の高松から坂手港まで、ジャンボフェリーで片道1時間ほど。片道690円と

愛知を代表する工業都市で名作を送り続ける街のミニシアター

2019年08月07日

刈谷日劇(愛知県)

 名古屋市内から快速を使って30分足らず、愛知県の中央、三河地方の西の端に位置する国内有数の自動車工業都市として知られている刈谷市。駅前のロータリーから伸びる商店街にどこか懐かしさを感じつつブラブラ散

more

ページトップへ戻る