岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

「ツチノコ」を巡る結構真剣なドキュメンタリー

2024年07月02日

おらが村のツチノコ騒動記

©2024 工房ギャレット

【監督・編集・ナレーション】今井友樹

「つちのこフェスタ」、4,000人でツチノコ探し

東白川村役場のホームページに掲載されている「つちのこ秘伝」によると、ツチノコはビール瓶くらいの胴から三角形の頭がちょこんと出ている体型で、体長は30cmから80cmくらい。蛇行しないで真っ直ぐに前後に動き、転がったりジャンプしたりし、まばたきをするということ。多数の目撃例も掲載されている。

本作は、東白川村出身のドキュメンタリー作家・今井友樹監督が、自身の村を舞台にして作った「ツチノコ」を巡る結構真剣なドキュメンタリーだ。

東白川村で毎年5月3日に開催される「つちのこフェスタ」には、人口2.016人(2020国調)の村に、全国から4,000人もの人が来村して大盛り上がり、みんなで捕獲具を片手に山へ分け入るのだ。こんな大騒ぎでは、ツチノコはおろか他の動物もみんな逃げてしまうと思うが、ワイワイやるのが実に楽しそうだ。

この「つちのこフェスタ」が始まったのは、1989年。まさにバブルの真っ最中。この頃は“第2次”ツチノコブームということで、東白川村以外でも、奈良県下北山村や広島県府中市上下町でも探索が始まっている。

私がツチノコを認識したのは、1970年代初頭の“第1次”ブームの時で、少年マガジンに連載されていた矢口孝雄の「幻の怪蛇バチヘビ」のことはよく覚えていて、当時は「本当にいる」と信じていた。

映画全体は、「見た」という人や「ヤマカガシの誤認」など様々な証言が出てくるが、みんな馬鹿にせず真剣に答えているところがいい。そして何よりも素敵なのは、みんなそれぞれのお国言葉で語っているところだ。

人口がどんどん減って過疎化が進む地方で、「ツチノコ」というある種のロマンを村おこしに利用していく。「つちのこフェスタ」に登場する村のゆるきゃら、「つっちー&のこりん」なんて蛇からはかけ離れているが、そんなの関係ない。誰も捕獲してないのだから何でもありだ。ツチノコ君に感謝だ。

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白さから映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (6)
  • 検討する (0)

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白から映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

ページトップへ戻る