岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

老々介護の両親を見つめた優しいドキュメンタリー

2022年04月19日

ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~

©2022「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~」製作委員会

【監督・撮影・語り】信友直子

いつものテーブル、夫婦揃って珈琲で乾杯

信友直子監督は、1961年広島県呉市に生まれた。東京大学文学部を卒業後、食品メーカーの広告部に所属したが、有名な企業強迫事件に接したのをきっかけに、映像プロダクションへ転職したという、少し変わった経歴の持ち主。

2009年、自らの闘病記録ドキュメンタリー『おっぱいと東京タワー〜私の乳がん日記』を発表し、国内外で高い評価を受け、翌年、フリー作家となった。

2018年に劇場公開された『ぼけますから、よろしくお願いします。』は、2016年9月にフジテレビ=関西テレビ系列で2週に渡り特集放映され話題となった番組版に追加取材撮影を加え、劇場版として公開した作品である。

呉市⇔東京と離れて暮らす両親の老々介護の生活を見つめた作品で、当初は小劇場での単館公開だったが、大きな反響を得て、劇場公開は全国に拡がった。

本作『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえりお母さん~』は、その続編ではあるが、前作で描かれた両親にカメラを向けることになった経緯や、家事経験は皆無だった父親の奮闘の様子などが、丁寧に振り返る形で構成されている。

2018年、リンゴの皮剥きすら未体験だった父は、家事全般を仕切れるまでになったが、近所の商店街への食料品買出しにも難義なほど、足腰は弱ってしまっている。そんな中、母の認知症は進行したうえ、脳梗塞を発症、入院生活が始まってしまう。

しかし、父はめげることはない。手押し車を使い、1時間かけて、入院する母のもとへ面会に行くことが日課となる。ベットに伏せた母を励まし、帰って来る日のために筋トレを始める98歳の父。

しかし、2020年春、新型コロナの感染拡大で、面会すらままならなくなってしまう。

認知症、老々介護は、高齢化社会の抱える宿命であり、避けては通れない。その実態は、映像に映し出されない汚れた一面も、重く抱えている。

カメラはあくまでも優しく両親に向けられる。そこには計算など皆無のユーモアが溢れる。そして、食するという営みの美しさが、生の逞しさを教えてくれる。そこから浮かび上がるのは、夫婦の、親子の、絆である。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (7)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る