岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

演劇的な内容ながら堤監督の演出技巧が光る

2022年03月30日

truth 〜姦しき弔いの果て〜

©2021 映画「truth 姦しき弔いの果て」パートナーズ

【出演】広山詞葉、福宮あやの、河野知美/佐藤二朗(忖度出演)
【監督・原案】堤幸彦

3人の女優のアンサンブル演技も見事

堤幸彦監督の映画は多彩だ。「TRICK」、「SPEC」等の人気テレビドラマの劇場版、「くちづけ」のような舞台劇を映画化した小品から、「20世紀少年」3部作のような大作まで。「明日の記憶」、「天空の蜂」、「望み」といった秀作も撮っている。

その堤監督の50作目となるのが、自主製作した「truth 姦しき弔いの果て」である。コロナ禍で企画されたワンシチュエーションの会話劇で、登場人物は女性3人。事故死した男のアトリエで、3人の喪服の女が鉢合わせし、自分の付き合っていた男が他に2人の女と同時に交際していたことを知るというお話。

舞台はアトリエだけに限定され、回想シーンもない演劇的な内容なので、堤監督はカメラワークと編集で映画的な動感を作り出している。本作は、リハーサルは別にして2日で撮影されたというから凄い。

まったくタイプの違う女性を演じる、広山詞葉、福宮あやの、河野知美のアンサンブル演技も素晴らしい。

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

観てみたい

100%
  • 観たい! (7)
  • 検討する (0)

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

ページトップへ戻る