岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

フィルムノワール的なスーパーヒーロー映画

2022年04月06日

THE BATMAN-ザ・バットマン-

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

【出演】ロバート・パティンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、ポール・ダノ、ジェフリー・ライト、ジョン・タトゥーロ、ピーター・サースガード、ジェイミー・ローソン、アンディ・サーキス、 コリン・ファレル ほか
【監督・脚本・製作】マット・リーヴス

降りやまない雨と深い闇が印象的な作品世界

これまで、ティム・バートンやクリストファー・ノーランらが監督したバットマン・シリーズの新たな監督は、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」、「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のマット・リーブス。上映時間176分の長尺で、スーパーヒーロー映画というより、フィルムノワールのような雰囲気が濃厚な作品。

権力者を標的にした連続殺人事件の犯人リドラーに翻弄されるバットマン。謎が明らかになる過程で浮かび上がる、権力者の腐敗や格差社会の歪みや女性に対する性的搾取。アメコミにしては、かなりリアルな大人向けのテイスト。

バットマンことブルース・ウェインを演じるロバート・パティンソンが、ある種の病的な危うささえ感じさせる闇を抱えたヒーローを好演。リドラー役のポール・ダノの薄気味悪さもインパクト大。キャットウーマン役のゾーイ・クラビッツ、ペンギン役のコリン・ファレルも印象に残る。

降りやまない雨が陰鬱な気分に引き込み、ナイトシーンの深い闇が心の闇の深さを物語る。バートンやノーランとはまた一味違う作品世界で、続編も期待できそうだ。

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

観てみたい

100%
  • 観たい! (5)
  • 検討する (0)

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

ページトップへ戻る