岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

捜査目線の老人ホーム探訪ドキュメンタリー

2021年08月12日

83歳のやさしいスパイ

© 2021 Dogwoof Ltd - All Rights Reserved

【出演】セルヒオ・チャミー ロムロ・エイトケン
【監督・脚本】マイテ・アルベルディ

83歳セルヒオ、潜入捜査官として立つ!

"80歳以上、90歳までの男性、IT機器を使える人" この奇妙な求人広告が新聞に掲載される。

応募に集まる老人たちは、誰もがちょっと半信半疑。年寄りに仕事はないというのが当たり前の世の中なのだから…でも、年寄りにも働く意欲はある。精一杯の見栄でスマホを手にするが、どうも操作は怪しい。

この求人広告主は探偵事務所で、その仕事は老人ホームの内部調査。所謂、潜入捜査という任務である。

探偵事務所でも、スマホの操作が覚束ないであろうことは盛り込みづみで、最低限のレクチャーの末、83歳のセルヒオが採用される。

セルヒオ・チャミーは妻に先立たれ、新たな生き甲斐を見つける模索をしていた。幸いにもボケてもいないし、得意ではないが、スマホくらいなら使える自信があった。

「家族が虐待されてはいないかを調べてほしい」〜老人ホームの入居者の親族からのこうした依頼は多いという。

『83歳のやさしいスパイ』はドキュメンタリーではあるが、オープンニングからしばらくは、そのことを忘れさせる。ホームには事前に許可を受けたうえでの撮影なのだが、当然、虐待あるなしの調査であることは伏せられている筈なのだ。内定調査の様子は、まるで劇映画のそれのように、個室に入り、入居者を伺い、スマホのカメラで撮影する。そのセルシオの仕事をドキュメンタリーのカメラが撮影している。何とも不思議な光景なのだ。

誰にでも好かれる人あたりの良いセルシオは、入居者の中に入り込み、打ち解けた会話でホームに同化していく。

ほとんど寝たきり状態の人、鍵の掛けられた入口から外に向けて「家に帰りたいから開けて欲しい」と懇願を繰り返す人。小さな喧嘩があり、恋が生まれる。そこには人生があり、家族との、人との触れ合いを望む人がいる。

セルヒオの人柄そのままに、心がほっこりさせられる不思議なドキュメンタリーである。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (11)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る