岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

別世界からはじまるやり直しのラブストーリー

2021年06月25日

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから

© 2018 / ZAZI FILMS – MARS CINEMA – MARS FILMS – CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA – C8 FILMS

【出演】フランソワ・シビル、ジョセフィーヌ・ジャピ、バンジャマン・ラベルネ
【監督】ユーゴ・ジェラン

振り返ることで見えていなかった今を確認する

パリで暮らすラファエル(フランソワ・シビル)は、売れっ子のSF作家として、時間に追われる多忙な毎日を送っていた。

妻のオリヴィア(ジョセフィーヌ・ジャピ)は、小さなピアノ教室を開いて、大好きな音楽に関わってはいたが、夫を陰で支える生き方には、断念と諦念が存在していた。

そんな夫婦すれ違いの生活に小さなさざなみが立っていることも、能天気なラファエルは気に留めることもなく…。そしてある日、オリヴィアの憤懣は限界に達し大喧嘩になってしまう。

翌朝、ラファエルが目覚めた部屋は、人気作家のセレブさは微塵もない、ひなびたアパートの一室だった。

映画では、タイムマシーンといったハードだけでなく、突然、時空が飛んで、過去に戻ったり、未来に進んだり、同じ時間帯を繰り返したりする、ファンタジーがよく存在する。人には時空を旅することが願望としてあるのだろうか?その裏側には反省や後悔といった、やり直しという身勝手な都合が優先することがままある。欲深き人間よ!

しかし、『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』は、望んだ過去帰りの話ではなく、人生の書き換え、別の世界=サイトに強制連行されるという話である。

ラファエルは現状を把握していく。それは昨日までの世界が、ときどきのボタンの掛け違いによって生まれたものだと悟る。

高校時代のオリヴィアとの運命の出会いはなく、学生時代の思い出も消滅していく。オリヴィアはピアニストとして大成功し、自らは作家にはなれずに、中学の教師を勤めている。唯一の両世界に共通する接点の友人のフェリックスは、ラファエルの信じられないような主張を根っからの鷹揚さで受け入れ唯一の救いとなる。

ラファエルの行動力はオリヴィアと真摯に向き合うこと。その一途さは展開の強引さを忘れさせてくれる。映画ならではのマジックを堪能できる素敵なラブファンタジーである。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (9)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る