岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

死という現実をどう捉え、どう向き合っていくか真摯に考え真剣に悩む姿を描いたヒューマンドラマ

2020年03月27日

山中静夫氏の尊厳死

©2019映画「山中静夫氏の尊厳死」製作委員会

【出演】中村梅雀、津田寛治、小澤雄太、天野浩成、中西良太、増子倭文江、大島蓉子、石丸謙二郎、大方斐紗子、田中美里、浅田美代子、高畑淳子
【監督・脚本】村橋明郎

本当の意味での「尊厳」を今井医師は分かっている

 本作は、死を宣告された末期がんの患者と、多くの人の死に際を看取ってきた医師との関係を軸に、彼らが死という現実をどう捉え、どう向き合っていくか真摯に考え真剣に悩んでいく姿を描いたヒューマンドラマである。誰もが人生の最後にやってくる死の恐怖、それに対する肉体的・精神的苦痛を少しでも和らげてくれる緩和医療のあり方も示してくれる。

 長野県の浅間山麓の寒村で育った中島家の次男坊・静夫(中村梅雀)。静岡県の雑貨商・山中家に婿入りし、郵便局員として謹厳実直に家族のために働いてきた彼が、定年退職後に宣告されたのは末期の肺腺がん。彼の望みは「故郷で死にたい」「楽にしてほしい」。

 人の臨終に数多く立ち会ってきた、浅間総合病院の呼吸器内科医・今井(津田寛治)は、もって1か月~3か月という山中静夫に寄り添い、彼の最期のささやかな望みをかなえてあげるため、浅間山の見える個室を用意し、毎日の外出を容認する。

 「肺がんの山中静夫さん」でなく「長野に生まれ静岡へ婿入りした生真面目な山中静夫さん」として向き合うことが、本当の意味での「尊厳」なのだと今井医師は分かっているのだ。

 次第に迫ってくる死、それに伴う苦痛から、静夫は何度も「楽にしてほしい」と懇願する。しかし、一度も「死にたい」とは言ってない。「自分は肺がんで、死ぬのは覚悟している」と言うのと「夜、誰かに連れていかれそうで眠れない」という気持ちは、彼の中で同居している。本当の気持ちは自分でも分からない。

 尊厳死と真正面から向き合う今井医師は、すべてを受け止める性格からか、心を病みうつ病を発症してしまう。そこで同僚の医師から「いい加減」にやろうとアドバイスされる。これは「“無責任な”加減」というマイナスの意味でなく、「“良い”加減」というプラスの意味なのだ。「頑張りすぎず、適度にやる」という、とても素敵なメッセージ。「“いい”加減」な映画である。

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白さから映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (10)
  • 検討する (0)

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白から映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

ページトップへ戻る