岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

人と人とが分かり合うことの難しさを描いた傑作

2020年01月04日

ひとよ

©2019「ひとよ」製作委員会

【出演】佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
【監督】白石和彌

白石監督の圧倒的な演出力、それに応えた俳優陣に最大級の賛美

 白石和彌監督の映画はどれも熱量に溢れている。本作『ひとよ』も例外ではなく、圧倒的な熱量を持っている。しかも、内容が震えるほどに素晴らしい。とある家族にスポットを当て、人と人とが分かり合うことの難しさを描いた傑作である。

 暴力を振るう父を母(田中裕子)が殺した一家の長男(鈴木亮平)、長女(松岡茉優)、次男(佐藤健)の3兄妹が主人公。事件から15年が経過し、母が帰宅したことから3人の中にある母への思いがぶつかり合う。そして、その思いは3人の生活にも影響を及ぼしている。妻との関係が上手くいかない長男、毎夜酒に溺れる長女、母の行為が受け入れられない次男。しかし、その裏には複雑な思いが隠れている。それは周囲の人も同じである。それぞれに事情を抱え、苦しんでいる。

 人間とは表出する感情、行動と内に秘めたる感情は異なることが多いものだ。それは強烈な体験をした彼らにだけ当てはまるものではない。しかし、人はついそのことをつい忘れがちであり、だからこそすれ違い、ぶつかり合う。内に秘めたる思いを互いに理解した時、人と人とは本当の意味で分かり合えるのであろう。

 これは、例え家族であっても決して簡単なことではなく、上手くいかないことばかりである。まして他人であればなおさらだ。この映画が我々に投げかけているのは、そんな人と人とが分かり合うことの難しさ、そして素晴らしさである。

 映画のラスト、それぞれが感情をぶつけ合うシーンがそれを証明している。ここまで心が震えるものなのかと思う。

 確かに脚本上の欠点は少々あるが、白石和彌の圧倒的な演出力が全てをカバーしている。そして、俳優陣の熱演も忘れてはならない。それを引き出した白石監督にも、それに応えた俳優陣にも最大級の賛美を贈りたい。

語り手:天野 雄喜

中学2年の冬、昔のB級映画を観たことがきっかけで日本映画の虜となり、現在では24時間映画のことを考えながら過ごしています。今も日本映画鑑賞が主ですが外国映画も多少は鑑賞しています。

観てみたい

100%
  • 観たい! (11)
  • 検討する (0)

語り手:天野 雄喜

中学2年の冬、昔のB級映画を観たことがきっかけで日本映画の虜となり、現在では24時間映画のことを考えながら過ごしています。今も日本映画鑑賞が主ですが外国映画も多少は鑑賞しています。

ページトップへ戻る