岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

突然妻に家出された仕事一筋父親の悲哀

2019年06月15日

パパは奮闘中!

©2018 Iota Production / LFP – Les Films Pelléas / RTBF / Auvergne-Rhöne-Alpes Cinéma

【出演】ロマン・デュリス、レティシア・ドッシュ、ロール・カラミー、バジル・グランバーガー、レナ・ジェラルド・ボス、ルーシー・ドゥベイ
【監督・脚本】ギヨーム・セネズ

夫婦の溝を子どもたちが気づかせてくれる

 オリヴィエ(ロマン・デュリス)は、妻のローラと2人の子どもと暮らしている。遅い時間に帰宅すると、子どもたちもまだ寝ないで帰りを待っていた。クリスマスを間近に控えてはいるが、それは何も変わらぬ日常の風景に見える。勤め先からの呼び出しがあり、慌ただしく出て行くオリヴィエ。その時、ひとりになった妻が泣き出す姿が暗示のように映し出される。

 オリヴィエの勤め先はネット通販の巨大な配送倉庫で、責任者を任されている手前、上司と従業員たちの間に立ち、厄介な問題を抱え込んでいた。

 早朝に帰宅した家には妻の姿はなく、家の様子からは家出の痕跡がうかがえた。慌ただしく子どもたちの朝の支度に掛かるが、着替えのありかもわからないし、子どもの我儘にも到底応えてやれない。朝食はシリアルを皿にぶち込んで切り抜ける。家の問題は母と妹に助けを求め、仕事のシフトもなんとかやり繰りをつけるが、肝心な妻の家出は理由すら分からない。

 『パパは奮闘中!』は、突然妻に家出された子どもを抱えた父親の物語だが、生活の比重は仕事に傾かざるを得ないジレンマが見える。オリヴィエは悪い父親ではないが、子どもたちのためにフレンチトーストは作らないし、家庭でのダメ父ぶりが強調される。助っ人の妹にも余計な一言を言って怒らせてしまう、空気読めない男なのである。救いは仕事場での奮闘ぶりで、理不尽な管理職にははっきりとものを言い、部下たちにもきめ細かい配慮ができる。結構、できる男なのだ。一方、努力の甲斐もなく、妻ローラの行方は手掛かりすらつかめないまま…転機が訪れる。

 オリヴィエが作れないフレンチトーストは、フランスでは“pain perdu”と呼ばれ、駄目になったパンを卵や牛乳で蘇らせるという意味がある。唐突なラストに家族の蘇りは見えるか?

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (6)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る