岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

写真家岩合光昭初監督猫映画

2019年05月10日

ねことじいちゃん

©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

【出演】立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
【監督】岩合光昭

ほっこりとした猫目線で描く離島の日常

 岩合光昭は1950年生まれ。動物写真家であった父・徳光の助手を務めるなどして、早くから写真家を志した。79年には「海からの手紙」(朝日新聞社)で木村伊兵衛賞を受賞。アフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に2年間の滞在して完成させた写真集「おきて」(86/小学館)は、世界的なベストセラーとなった。近年では、NHK-BSなどで放映中のドキュメンタリー「岩合光昭の世界ネコ歩き」が人気となっている。

 『ねことじいちゃん』は、ねこまきの同名コミックを原作にした、岩合光昭の映画監督デビュー作となる。

 2年前に妻に先立たれた大吉(立川志の輔)は飼い猫のタマ(ベーコン)とふたり暮らし。朝、胸苦しさを感じて目覚めると、タマが胸の上で鎮座している。相棒に「おはよう」の挨拶をすませると、台所に立って朝食の準備をする。その出来栄えが良ければ、ご機嫌の一日が始まる。そして、日課にしているタマとの散歩。島のあちこちに馴染みの顔が見えるが、どれも年寄りばかり。タマにもマイペースの縄張り巡回がある。

 舞台は離島だが特定の地名は出てこない。離島が抱える高齢化過疎は、温度差はあるもののどの島にも共通の課題として地域社会にある。しかし、映画はそういう問題に踏みこむことはしない。あくまで、視線は現状を冷静に見つめる。顔を合わせればたちまち口喧嘩が始まるおばさんコンビ。幼馴染のふたりは、未練の過去にときめきを見つける。新米の診療所の医師は年寄りのわがままに振り回されるが、何とか島に溶け込みたいと考えている。そんな島に若い女性が移り住み、お洒落なカフェを開く。大吉さんは突然の発作に倒れる。あたりは突然ざわつきはじめるが…。

 猫を撮影する時、岩合は這いつくばって猫目線を撮る。人の撮り方も同じで、そこにはほっこり感が漂う。この映画にもそんな優しさが溢れている。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る