岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

ナチス高官ハイドリヒ暗殺計画の全貌

2019年04月11日

ナチス第三の男

©Photo by Bruno Calvo All rights reserved

【出演】ジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ
【監督】セドリック・ヒメネス

成長する怪物 美しくも悲愴なレジスタンス

 ラインハルト・ハイドリヒは、ナチスでもその冷酷さから“金髪の野獣”と呼ばれ、恐れられた存在だった。しかし、ヒムラーやアイヒマン、ゲーリングやヘスといった、悪名高き人物たちの陰にあり、映画などで表立って描かれることは少なかった。

 1942年5月27日、チェコ・プラハ。国家保安本部長官となったハイドリヒはベーメン・メーレン保護領(=チェコ)の副総監を兼務していた。統治本部へ向かう公用車に乗り込み、いつもと変わらない一日が始まる。その途中、ハイドリヒ暗殺計画は実行される。

 映画はここから回想となる。まず、海軍を不名誉除隊となる軍法会議。女性問題が絡んだ私情により軍を追いやられ、大きなトラウマを抱えることになる。その後、親衛隊への入隊を決める過程や、諜報活動で頭角を現すようになるまでは、随所で妻リナの存在が際立つ。

 ハイドリヒが絶大な権力を手に入れた要因には、ユダヤ人虐殺を推し進めた首謀者であったことが挙げられる。これには彼の出自がユダヤと噂されたことがあり、その否定のため、極度な嫌悪をもって、排除する方向に向かったのではないかと推測されている。

 1941年秋、ハイドリヒは保護領の副総監の任に就く。絶大な権力者となった怪物の暴走を止めるべく、チェコ亡命政府は2人の若き兵士をプラハに送り込む。

 回想の視点が暗殺者であるレジスタンス側に移行することで、映画の趣も変化する。雪原に投下された有志は、協力者とともに緻密な計画を実行すべく、プラハの街に深く侵入する。暗殺計画実行後の逃亡は美しくも悲愴な道行に見える。

 残されている実際のハイドリヒの写真からは、演じたジェイソン・クラークのような厳つさはなく、神経質な官僚に見える。映画が美醜の背中合わせのように、男の狂気も内に隠されていたのかもしれない。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る