岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

純粋ゆえの残酷性が光っている

2018年12月08日

寝ても覚めても

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

【出演】東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子
【監督】濱口竜介

体験したくはないがずっと観ていたい、そんな風に思える映画

 本作は2016年に『ハッピーアワー』で度肝を抜かれた濱口竜介監督の最新作であり、2人の男の間で揺れ動く女性を描いた恋愛映画である。このように書くと、一見平凡な恋愛映画を想像されるだろう。三角関係を描いた作品は山ほどあるのだから。しかし、本作は単なる三角関係を描いた作品とは一線を画す、相当な変化球の映画なのだ。

 それは、ヒロインである朝子(唐田えりか)が自身の感情に対して一切嘘をつかない点にある。同じような顔を持つ過去の男と現在の男、どちらに付いていくかは一緒に過ごした時間でも、思い出の数でもなく、その時の気持ちで選ぶ。その行動に打算はない。しかし、それによって人を傷つけ、人間関係をも破壊することさえある。悪意なくこうした行動をとるということは、ひとえに朝子が非常に純粋な女性だからであろう。そして、その純粋さは残酷性を秘めている。中高生向けの映画では純粋な女性は良い人、素晴らしく愛らしい人として描かれることが多い。その純粋さのもつ残酷性までは描かれない。この点が本作の最大の特徴と言って良い。

 そして、朝子がその場その場の感情で動くことによって、観客は彼女の言動から目が離せなくなる。ストーリーがどう転ぶか全く分からないのだ。この先の読めない展開に、いつしかスクリーンに釘付けになっているのである。

 濱口竜介監督は、そんな朝子を時にしっとりと、時にピリピリとした緊迫感のある映像で切り取っていく。デートシーンの優しい切り取り方、クライマックスのハードな雰囲気。映像と彼女の心情はシンクロしている。つくづく女性の感情を描き出すのが上手いなあと感じる。極度にキャラクター化せず、自然とそこに佇んでいるかのように撮っている。そこから嘘くささは一切感じない。

 こうした濱口竜介監督の手腕によって、本作は2018年を代表する恋愛映画となった。体験したくはないがずっと観ていたい。そんな風に思える映画である。

語り手:天野 雄喜

中学2年の冬、昔のB級映画を観たことがきっかけで日本映画の虜となり、現在では24時間映画のことを考えながら過ごしています。今も日本映画鑑賞が主ですが外国映画も多少は鑑賞しています。

観てみたい

100%
  • 観たい! (7)
  • 検討する (0)

語り手:天野 雄喜

中学2年の冬、昔のB級映画を観たことがきっかけで日本映画の虜となり、現在では24時間映画のことを考えながら過ごしています。今も日本映画鑑賞が主ですが外国映画も多少は鑑賞しています。

ページトップへ戻る