岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

才人監督の商業映画デビュー作

2018年12月08日

寝ても覚めても

©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

【出演】東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)、仲本工事、田中美佐子
【監督】濱口竜介

似た顔に惹かれる女性の物語

 原作は柴崎友香の同名小説。監督は5時間を超える問題作『ハッピーアワー』の濱口竜介。同監督作は短編の『永遠に君を愛す』、『天国はまだ遠い』や長編では『PASSION』、『親密さ』などを観たが、舞台劇のような演出をする特異な作風。従来の日本映画では捉えきれない独自の世界観を作り上げることのできる才人とみた。その集大成が『ハッピーアワー』で、素人役者のワークショップ場面の冗長感は否めないものの、後半の展開に意外性がありオリジナルの脚本も秀逸だった。

 本作は商業映画デビューとなるが、まずは手堅い作り。原作を読んでいたので展開は知っていたものの、原作を知らない観客には予想を裏切るストーリーだろう。主人公の朝子が顔のよく似た麦と亮平(東出昌大の二役)と付き合う話だが、映像化では俳優の二役が最大の難所だろう。東出はこの点、及第点の演技。主人公の朝子役は物語が7年以上のタイムフレームで流れるにも関わらず、最初と最後で容姿が全く変わらずやや不自然。

 小説の出版は2010年だが、映画化にあたり3.11を巧くストーリーに取り込んでいる。一度は別れる決意をした朝子と亮平は、震災直後の東京の帰宅困難者の雑踏の中で再会する。この場面のショットの切り返しがブレッソンの『白夜』そっくり。また、ラストの二人が窓から川を眺める場面はアントニオーニの『情事』を想起させる。『情事』もこの映画も、主人公の断絶を描いている。

語り手:シネマトグラフ

外資系資産運用会社に勤務。古今東西の新旧名画を追いかけている。トリュフォー、リヴェット、ロメールなどのフランス映画が好み。日本映画では溝口と成瀬。タイムスリップして彼らの消失したフィルムを全て見たい。

観てみたい

100%
  • 観たい! (6)
  • 検討する (0)

語り手:シネマトグラフ

外資系資産運用会社に勤務。古今東西の新旧名画を追いかけている。トリュフォー、リヴェット、ロメールなどのフランス映画が好み。日本映画では溝口と成瀬。タイムスリップして彼らの消失したフィルムを全て見たい。

ページトップへ戻る