岐阜新聞 映画部

岐阜新聞 映画部 NEWS

【延期】4/4(土)『みとりし』上映&柴田久美子さんトークショー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月4日(土)に開催予定でした第39回CINEX映画塾『みとりし』上映&トークショーは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、延期となりました。

楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

 

チケットの払い戻しにつきまして、岐阜CINEXで購入された方は劇場窓口にて払い戻しいたしますので、チケットをご持参の上、岐阜CINEXへお越しください。

WEB・ファミリーマートで購入された方の払い戻し方法につきましては、後日、岐阜新聞紙面や岐阜新聞映画部ホームページなどで発表いたしますので、お手持ちのチケットは大切に保管していただきますよう、お願いいたします。

 

なお、映画『みとりし』は予定通り4月4日(土)から岐阜CINEXにて上映予定です。第39回CINEX映画塾の料金は映画上映のみの料金と同額ですので、そのままお手持ちのチケットで『みとりし』をご覧いただくことも可能です。

 

振替開催につきましては現在調整中ですので、決まり次第、お知らせいたします。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第39回CINEX映画塾『みとりし』上映&トークショーの開催が決定!

ゲストは映画の原案・企画を務めた一般社団法人「日本看取り士会」会長の柴田久美子さんです!

 

本作は、旅立つ者と送る者の最期の時間を温かく支える人々の物語です。

「看取り士」とは、最期の旅立ちにおいて、住み慣れた家などの希望する場所で残された時間を過ごすため、心を寄せ手助けしてくれる人のことを言います。

多くの方を看取り、温かい時間を共に過ごしてきた経験を持つ柴田さんの著書「私は、看取り士。わがままな最期を支えます。」(佼成出版社)を原案として、主演の榎木孝明さんと共に「いずれ、死生観をテーマにした映画を作ろう」という思いを共有していたことをきっかけに、柴田さんの27年間の活動の集大成として映像化しました。

 

やさしく、豊かな時間が流れる岡山県高梁市を舞台に、最期を見守る看取り士の姿から“生きる希望”に共感できる作品です。

<映画公式サイト>

http://is-field.com/mitori-movie/

 

日時

4月4日(土)

12:30~14:20 『みとりし』上映

14:25~15:10 柴田久美子さんトークショー

■会場

岐阜CINEX(岐阜市日ノ出町2-20 柳ケ瀬・髙島屋前)

定員

90名 全席自由

■料金

大人:1,500円 大学生:1,300円 小・中・高校:800円 シニア:1,000円 (いずれも税込)

ゲスト

柴田久美子さん(原案「私は、看取り士」著者、一般社団法人「日本看取り士会」会長)

※『みとりし』の岐阜CINEXでの上映は4月4日(土)~4月17日(金)を予定

 

岐阜CINEX劇場窓口WEB・ファミリーマートにてチケット発売中です!

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

<WEB・ファミリーマートでの購入方法はこちらから>

※お申込みには「岐阜新聞映画部チケット」への会員登録(無料)が必要です。

※チケット券面額以外に手数料が別途掛かります。

 

ページトップへ戻る