岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

時代に翻弄された兄弟バンドの光と影

2023年01月23日

ビー・ジーズ 栄光の軌跡

© 2020 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.

【出演】バリー・ギブ、ロビン・ギブ、モーリス・ギブ、アンディ・ギブ、エリック・クラプトン、ノエル・ギャラガー(オアシス)、ニック・ジョナス(ジョナス・ブラザーズ)、マーク・ロンソン、クリス・マーティン(コールドプレイ)、ジャスティン・ティンバーレイク
【監督】フランク・マーシャル

個人差はあれどきっと耳にした楽曲が流れる

マン島はイギリスの本土であるグレートブリテン島とその西方のアイルランド島に囲まれた、アイリッシュ海にある島で、面積は日本の淡路島ほどで600平方キロに満たない。人口は9万人ほどだが、独立した言語があり、グレートブリテン=イギリスにも北アイルランド連合王国の一部でもなく、主権国家でもなく、イギリス連邦の加盟国でもない、という特異な地域となっている。歴史的には連邦諸国の支配下にあったり、貴族を領主とした時代を経ているが、現在は、自治権を持ったイギリス王室属領となっている。イギリスのEU加盟時には、マン島は参加せず、イギリスの特別領域という扱いを受けている。

ビー・ジーズを結成したギブ兄弟は、このマン島で生まれた。1958年、父親の仕事の都合により、家族は揃ってオーストラリアへ移住する。

『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』は、ギブ兄弟によって結成された音楽バンド "ビー・ジーズ" の結成からの紆余曲折の歴史を描くドキュメンタリーである。

映画では触れられていないが、日本においてその存在が知られるようになったのは、1971年に公開された『小さな恋のメロディ』(ワリス・フセイン監督)だったのではないか? 映画は本国イギリスでは注目されなかったが、日本ではヒットし、サントラに収められた「メロディ・フェアー」、「若葉のころ」は、広く親しまれることになった。この楽曲はビー・ジーズのものだった。

映画との深い関わりで言えば、その存在をはっきりと認識できたのは、『サタデー・ナイト・フィーバー』(ジョン・バダム監督/77年/日本公開78年)ということになる。映画の成功は、"ダンスミュージック" の一大ブームを牽引することになった。

バリー、ロビン、モーリス、そしてアンディを加えたギブ兄弟のサクセスストーリーは、その栄光面のみに止まることなく、時代に翻弄された影までを描いている。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (9)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る