岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

一度は映画館で観ないと後悔する傑作中の傑作

2022年12月20日

ショーシャンクの空に 4Kデジタルリマスター版

©1994 Castle Rock Entertainment. All Rights Reserved.

【出演】ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ボブ・ガントン、クランシー・ブラウン
【監督・脚本】フランク・ダラボン

滅茶苦茶面白いストーリーと感動的なラスト

フランク・ダラボン監督が、スティーヴン・キングの中編小説「刑務所のリタ・ヘイワ―ス」を自らの脚本で映画化した「ショーシャンクの空に」は、私の1990年代のベストワン作品で、映画ファンで良かったと思わせてくれる作品のひとつ。

1947年から1966年にかけてのショーシャンク刑務所を舞台に描かれるストーリーは、未見の方の楽しみを奪うことになるので書かないが、とにかく滅茶苦茶面白い。胸を打つ素敵な男の友情が描かれ、卑劣極まりない悪党が登場する。そして映画史に残る素晴らしいエンディングが感動的な深い余韻を残してくれる。

ティム・ロビンスが演じる主人公アンディが魅力的。共演のレッド役のモーガン・フリーマンも負けないくらい良い。

一度は映画館で観ておかないと一生後悔する傑作中の傑作である。1994年度のアカデミー賞で作品賞を含む7部門でノミネートされたにもかかわらず、無冠に終わったのが信じられない。

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

ページトップへ戻る