岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

ボクサー赤井英和を映すドキュメンタリー

2022年09月21日

AKAI

©映画『AKAI』製作委員会

【出演】赤井英和
【編集・監督】赤井五郎

監督は長男英五郎 それでもだからこそ明らかにならない空白の時間

『どついたるねん』はプロボクサーだった赤井英和が俳優としてデビューした映画で、1989年の11月11日に公開された。

この映画のプロデューサーの荒戸源次郎は、1980年、『ツィゴイネルワイゼン』(鈴木清順・監督)を製作したとき、既存の劇場での公開をせず、専用の小屋を設置するという、"シネマ・プラセット" という興行システムを成功させた。

『どついたるねん』は原宿に設置した特設テントで上映された。宣伝費をかけないかわりに、特異なテント上映の方法を広告として、また、映画の出来映えも口コミの評判を呼び、ロングランとなりヒットした。キネマ旬報のベストテンでは第2位に選出され、ブルーリボンでは作品賞に輝いた。

試合中にKOされ、その時のケガで再起不能となったボクサー安達英志(赤井英和)が、一度はジムの指導者となるが、紆余曲折の末に、再びリングに立ちカムバックするストーリー。これは87年に出版された赤井の自伝をもとに、監督デビューとなる阪本順治が脚本化した。

『AKAI』は『どついたるねん』で俳優となり、新たなキャリアをスタートさせ、今や人気俳優、タレントとして活躍する、赤井英和のボクサー時代に焦点を当てたドキュメンタリーである。

喧嘩に負けたことがないことで有名人だった赤井は、浪速高校入学直後に、半ば無理やりボクシング部へ入部させられるが、はじめは雑用係りだったという。1年の夏、突然、試合に出ることを言い渡される。ボクシング経験はなく、戸惑う赤井に監督が告げたアドバイスは、「どついたれ!」の一言だった。赤井はその試合に勝利する。

80年にプロデビューすると12試合連続KO勝ちの日本記録を樹立し、83年7月7日、初の世界戦に挑戦するが判定で敗れる。

"浪速のロッキー" として決して無名ではなかったとは言え、そのデビュー戦からの映像が残されていることに驚く。通天閣の足元、近所の人たちの熱い声援、浪速高校や近大の関係者たちの期待、それに見守られ成長して行く姿が生き生きと映し出される。そしてあの悲劇のKO劇と引退…。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (4)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る