岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

無差別銃乱射事件の真実に迫るサスペンス映画

2022年05月10日

ニトラム/NITRAM

© 2021 Good Thing Productions Company Pty Ltd, Filmfest Limited

【出演】ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジュディ・デイヴィス、エッシー・デイヴィス、ショーン・キーナン ほか
【監督】ジャスティン・カーゼル

不明瞭な動機を敢えて追求しない冷淡なカメラアイ

静かな住宅街の静寂を破る花火の爆裂音。非難する怒鳴り声を無視して、着火を続ける長髪の男。それを傍観する両親。父は息子の行為に嘆息する。母は花火を取り上げることをしない夫を咎める。子供っぽい悪戯のような振舞いに見えるが、そこに発生する親子の関係性には違和感が浮かび上がる。

海岸に立つ長髪の男。波と格闘するサーファーを見つめている。何処かから「ニトラム!」と呼ぶ声がする。ニトラムと呼ばれる長髪の男。彼の名は ”MARTIN"=マーティン、それを逆さに読んだのが彼のあだ名のような呼び名、"NITRAM"=ニトラム…彼はそう呼ばれるのを嫌った。

○ニトラムと母

ニトラムはサーフボード欲しがる。無駄遣いを指摘し、「何かしろ!」=働け、と叱責する。

精神科への受診の場。安定剤の減量を提案する医師に、生活保護費の減額を懸念して、現状の維持を主張する母。委縮したまま何もできないニトラム。

○ニトラムと父

母との関係と違うのは、スキンシップが存在すること。父はニトラムをドライブに連れ出し、購入を計画している郊外に建つ建物を見学し夢を語る。

ひとつひとつのエピソードの繰り返しから、親子の状況をあぶり出す。笑わない無表情な母が象徴するように、説明を排した物語の進行は、微妙な緊張感を持続して、ニトラムを取り巻く、危ういバランスで揺らぐ、その周囲と人々の行為を見つめる。

そしてある日、芝刈りの営業でヘレンという女性と出会う。

『ニトラム NITRAM』は、1996年4月28日にオーストラリア・タスマニア島で発生した無差別銃乱射事件の犯人、マーティン(ニトラム)の姿を描く。行動、表情、感情のざわめき。当時28歳だった彼の犯行動機は不明瞭なまま、いや、真実は分からないという断定のもと、その視点は冷淡にさえ見える。

ニトラムを演じたケイレブ・ランドリー・ジョーンズは、孤独と劣等感の発露としての狂気を見事に演じ作品を支えた。

監督はオーストラリアを代表する映画作家ジャスティン・カーゼル。心理の深層に迫る、丹念な構成の脚本と、繊細な映像演出が素晴らしい。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る