岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

今泉力哉VS城定秀夫コラボ企画第2弾

2022年04月20日

猫は逃げた

©2021「猫は逃げた」フィルムパートナーズ

【出演】⼭本奈⾐瑠、毎熊克哉、⼿島実優、井之脇海、伊藤俊介(オズワルド)、中村久美、オセロ(猫)
【監督】今泉⼒哉

猫に演出する難題を敢えて課した?それに応えた見事なニャン演

険悪な空気に包まれて対峙する男女。こういう場合、女性がマウントポジションにある…詰め寄る女性に口ごもる男性。親権の争いと分かるが、核心に触れると男性も引くことはなく、小競り合いのような言い合いになる。ところが、2人が親権を争っているのは、飼い猫の "カンタ" だった。

町田亜子(山本奈衣瑠)は、そこそこ売れていてるレディコミ漫画家で、編集者の松山(井之脇海)が、原稿の受取にベッタリと張りついている。ふたりは男女の仲で、亜子夫婦に離婚の話があることを、その原因が夫の浮気の告白であることを互いに共有している。

町田広重(毎熊克哉)は、週刊誌の記者だが、同僚の若手の沢田真実子(多島実優)の辣腕ぶりに押されて肩身がせまい。ふたりは男女の仲で、町田夫婦の危機を招いたのが不倫であることを承知しているし、いつまでも煮え切らない広重に苛立ちを隠さない。

『猫は逃げた』は、城定秀夫脚本(共同)による、今泉力哉監督作品で、2人がタッグを組んだプロジェクト "L/R15" の『愛なのに』に続く第2弾となる。

今泉作品で感心するのは、女優使いのセンスの良さである。言い方は些か不適切かも知れないが、従来、脇役であった女優を重要な役にキャスティングし、そこから魅力を引き出していく。発見と修練の技は演出家の才と言える。本作の山本奈衣瑠、多島実優も、その例にもれることのない好演が光る。

町田夫妻が何故に飼い猫に固執するのか? 同時でありながら別々の節目で、猫が重要なポジションにいたことを回想で見せる、という仕掛けが上手い。

そして、ある日、カンタは行方知れずになってしまう。

一対一の関係性の糸が、次第に絡み合うという進行は、まさしく今泉映画の典型で、城定脚本がまるで今泉監督へのあて書きに見える。

特に、終盤の4人集結のくだり、飛び交う台詞の応酬からの鮮やかなオチ。そして、これは推測だが、わざわざの "R15+" の指定を、腓返りで断ち切る潔い可愛らしさも含めて、見事に今泉ワールドを完成させている。

『猫が逃げた』を撮影後に改題したのは大正解だ。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る