岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

退屈な日常を破る恋と破壊の物語

2022年02月22日

真夜中乙女戦争

©2022『真夜中乙女戦争』製作委員会

【出演】永瀬廉、池田エライザ、篠原悠伸、安藤彰則、山口まゆ、佐野晶哉、成河/渡辺真起子、柄本佑
【監督・脚本・編集】二宮健

永瀬廉のあやしげな色気が脱アイドル映画の象徴に見える

冒頭は、私(永瀬廉)のモノローグ。理屈をこねくり回したそれは、意味不明のまま耳を素通りして行く。

上京して大学生活を始めた "私" は、鬱屈した空疎な日々の中にいた。ようやく見つけた家庭教師のアルバイトも解雇されてしまう。"おかん" からのメールは、奨学金の試験にちゃんと通ること、金銭的な援助はこれ以上は難しいことを伝えて来る。

モノローグとは裏腹なシビアな現実の中にいる。

講義ではさしたる将来への展望も見出せず、漫然と聞くのみの現状に疑問を抱き、教授に詰問するも水を浴びせられる。

学内では爆発事件が頻発していた。私はキャンパスを彷徨う不審な男に妙な質問をされたりする。

一方、空白だったサークル活動で "かくれんぼ同好会“ に加入することになり、不思議な女性 "先輩"(池田エライザ)に出会う。

そしてある日、あの不審な男がキャンパスのスモーキングスタンドに揮発油を注ぐ現場を目撃し、はずみで一緒に現場から逃げることになってしまう。男とはその後、親密になっていく…ネット社会で成功を手にし、莫大な金を手に入れだが、その代償として失ったものも多い…私はその男を "黒服"(柄本佑)と命名する。

このふたりとの出会いによって、私の退屈だった日常は一変する。

「真夜中を愛する者も、真夜中を憎む者も乙女。乙女は女だけではなく男も乙女である」この意味不明な定義がこの映画の不穏さを象徴する。

"私" を演じるのは、ジャニーズのアイドルグループ "King & Princs" の永瀬廉で、『弱虫ペダル』(三木康一郎・監督/2020年)の気弱な純朴高校生役や、NHK朝ドラの親思いの一途な青年役とは異なる、一口で言えば掴みどころのない、難役に挑んでいる。

"先輩" の池田エライザの謎を秘めた聡明さ、"黒服" の柄本佑の闇に沈んだカリスマ性が、不協和音のような演技アンサンブルを作りだす。

監督、脚本は『チワワちゃん』(19年)の二宮健。世界観のビジュアル化と、終末へ雪崩れ込む複雑な物語をまとめたあげた手腕は認めたい。そして、ラストに隠された衝撃は脱アイドル映画宣言に見える。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

94%
  • 観たい! (15)
  • 検討する (1)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る