岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

大和魂を模索するアクション映画

2022年02月21日

Pure Japanese

©2021「Pure Japanese」製作委員会

【出演】ディーン・フジオカ、蒔田彩珠/渡辺哲、金子大地、黒岩司、大北晋平、鷲津秀人、二ノ宮隆太郎、水間ロン、呉城久美、高野春樹、ボブ鈴木、鈴木孝之、坂口征夫、村上淳、 嶋田久作、別所哲也
【監督】松永大司

期待を裏切る定番のオンパレード

江戸時代を再現したテーマパーク "江戸村" にあるステージでは、剣術ショーが行われている。楽屋では出演者たちが衣装に着替えたり、段取りの打ち合わせをしたりと忙しい。

そんな中、立石(ディーン・フジオカ)はひとり鏡に向かい化粧=メイクをほどこしている。

ショーが始まる。立石は出演者ではなく、殺陣に合わせて効果音を発生させるスイッチャーを担当している。孤立すら感じさせる彼は、アメリカでのスタント経験はあったが、入団まもない新入りの立場。そしてもうひとつ、激しいスタント=殺陣はできない事情があった。同僚たちは馴染まない立石を快く思っておらず、噂は誤解を生んだ。

江戸村のある町は、日本の何処かにあるかしれない典型的な過疎地域で、復興の手立てとして、温泉の活用による観光化という方法を模索していた。

施設建設のための土地の買上が進んでいるが、ひとり隆三(渡辺哲)だけが、土地の売却を拒否している。

隆三の孫娘で高校生のアユミ(蒔田彩珠)は、そんな頑固な祖父の説得を、アルバイト先の客でもあるヤクザもののブローカーにしつこく迫られていた。

『Pure Japanese』は、主役を演じるディーン・フジオカが自ら企画、プロデュースを務めている。彼は1980年福島県生まれ。高校卒業後、アメリカ・シアトルのカレッジに留学経験を持つ。卒業後もアジアの国々をめぐり、2004年、香港でモデル活動を始めたのを皮切りに、台湾での俳優活動でブレイクした。2013年に日本映画で凱旋出演を果たすが、なんと言っても、2016年のNHKの朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役で、一躍全国区となり現在に至る。

外国生活を永く体験し、外側から日本を見る目を持ったからこその視点を期待したのだが…。

まず、先にふれた、過疎の町、再開発、反対住民、地上げ屋のヤクザもの、と言った構図はよく見かけるもの。それに裏で糸を引く政治家の存在あり、となればアイテムのフル装備となる。

また、三島由紀夫を持ち出すまでもなく、日本人=武士道という精神性も、教科書的で新鮮味はない。

アクションシーンの見せ場には血生臭さが水を差し、物語の穴は埋まらないまま放置される。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

97%
  • 観たい! (32)
  • 検討する (1)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る