岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

昭和テイストの漂う「Old Japanese」映画

2022年02月21日

Pure Japanese

©2021「Pure Japanese」製作委員会

【出演】ディーン・フジオカ、蒔田彩珠/渡辺哲、金子大地、黒岩司、大北晋平、鷲津秀人、二ノ宮隆太郎、水間ロン、呉城久美、高野春樹、ボブ鈴木、鈴木孝之、坂口征夫、村上淳、 嶋田久作、別所哲也
【監督】松永大司

アナクロニズム感は半端ないが、アクションシーンは迫力がある

『Pure Japanese(純粋日本人)』という挑戦的なタイトルからして、苦手なタイプの映画かもと思いながら観た。

法律でいう「日本人」という定義は国籍法によって決まっており、日本は血統主義(親と同じ国籍)であるが、アメリカやカナダなどは出生地主義(出生した国の国籍)である。

しかしこれはあくまでも国籍のことであって、この映画のタイトルからは「純血日本人」とか「大和民族」など、排外的なレイシズム(優等人種が劣等人種を支配する)の匂いが漂ってきていた。偏った愛国主義やヘイトスピーチの内容であったら辛いなと思ってみていたが、そうではなかった。

その答えは台湾・香港・アメリカで活躍し、その後日本でデビューした「逆輸入俳優」ディーン・フジオカさんが感じた「日本人とは何か?」を基に企画したアクション映画であり、昭和テイストの漂う「Old Japanese」映画であった。

日光江戸村の忍者ショーの効果音係として働く立石(フジオカ)は、暇さえあれば近くの神社で黙々と身体を鍛えている。ストイックに上半身裸で殺陣の稽古をしているが、アナクロニズム感は半端なくギャグとしか思えない。

日本人度を計る試薬(PJキット)はおもちゃ程度だが、ヤクザの佐伯(二ノ宮隆太郎)の数値が50%なんて変に意味深すぎる。で最初拒否していた立石が密かに計ると100%。何が言いたいのか私にはよくわからない。

そこからは「日本人とは何か?」というお題はどこへやら。

立石は次第に狂気を帯びていき、敵を倒すという名目の殺人鬼となってしまう。光によってフラッシュバックする設定も安易だが、土地を買い占める中国人との闘いなど、昭和の時代の日活アクションか東映ヤクザ映画だ。それも2本立ての添え物の方。全体に思いつきのレベルで、一貫性のない映画である。

ただしアクションシーンは迫力があり、一見の価値はある。

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白さから映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (37)
  • 検討する (0)

語り手:ドラゴン美多

中学三年の時に見た「日本沈没」「燃えよドラゴン」のあまりの面白から映画の虜になって四十数年、今も映画から夢と希望と勇気をもらっている、ファッションチェックに忙しい中年のおっさんです。

ページトップへ戻る