岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

ちょっと面倒でも何故か愛おしい兄妹の物語

2022年01月17日

ローラとふたりの兄

© 2018 NOLITA CINEMA - LES FILMS DU MONSIEUR - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - FRANCE 2 CINEMA

【出演】リュディヴィーヌ・サニエ、ジョゼ・ガルシア、ジャン=ポール・ルーヴ、ラムジー・べディア、ポーリーヌ・クレマン
【監督】ジャン=ポール・ルーヴ

どこにでもありそうで反発したり共感したり

フランス映画には家族を描いたものが少なくない。点在してばらばらになった親族が、何かをきっかけに集まる。それは誰かの結婚式であったり、お祝いをするものだったり、反対にお別れの時であったりする。

『ローラとふたりの兄』も、家族=兄妹が結婚式に集うところから物語がはじまる。

場所はフランス西部の町・アングレーム。古代から知られる静かな古都、どこにでもある地方都市。

弁護士のローラ(リュディヴィーヌ・サニエ)には2人の兄がいる。

次男のピエール(ジョゼ・ガルシア)は、解体業を営む職人気質で不器用な性格。

長男のブノワ(ジャン=ポール・ルーヴ)は、眼鏡士で細かいことが気になって仕方ない神経質な男。

兄妹は死別した両親の墓参りのため、月に一度、集まることが習慣となっていたが、ローラにとって兄たちは、年長でも気におけない困った存在だった。

その日は、ブノワの "3度目" 結婚式。こともあろうにピエールは大遅刻したあげく、スピーチで失言し、ブノワの怒りを買うことになる。そしてはじまる兄弟喧嘩。

喧嘩するほど仲が良い…とはフランスでも通用する諺なのだろうか? 派手に言葉がぶつかり合う、フランス人らしい(?)喧嘩の後、気まずい時間がおとずれるのはどこでも同じ。後を引く湧きあがる忸怩たる思い。

兄妹にはそれぞれの暮らしがある。

ピエールは仕事上の深刻なトラブルに悩まされて。

ブノワは新婚早々のすれ違いで悶々としている。

ローラは離婚調停で知り合ったゾエール(ラムジー・ベディア)との恋が始まった途端、思わぬ "告白"をされて…。

監督は長男を演じているジャン=ポール・ルーヴで、本作が4作目(『愛しき人生のつくりかた』2014年、日本公開は2016年で2本目)となる。フランス社会の所謂 "プチ・ブル(中産階級)" の生活感あるれる風景をユーモアと皮肉を込めて描いている。

ちょっと反発、でも身につまされる好編である。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (7)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る