岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

漫画と現実が交錯する夫婦の心理戦

2022年01月05日

先生、私の隣に座っていただけませんか?

©2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

【出演】黒木華、柄本佑/金子大地、奈緒/風吹ジュン
【監督・脚本】堀江貴大

もうひとりの先生(新谷)の登場で物語は複雑化し加速する

漫画家の仕事部屋。机に向かい軽快にペンを走らせる佐和子(黒木華)。側には同じくペンをとる俊夫(柄本佑)がいる。息の合った仕事ぶり。

完成した原稿を編集者の桜田千佳(奈緒)に渡す佐和子。それは連載最終回分で、仕事を終えた安堵感が漂う。3人には慣れ親しんだ空気感が存在する。

かつては漫画作家であった俊夫が筆を止め、妻である佐和子の助手をしていることを千佳はやんわりと、でも少々毒のある言葉で揶揄する。そんなふたりのやりとりを訳知り顔で観ている佐和子。おもむろに「駅まで送ってあげたら」と俊夫に提案する。

  佐和子は俊夫と千佳の関係を明らかに疑っている。部屋を出たふたりを追おうとした時、携帯の着信がそれを止める。

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』は、漫画家夫婦の心理戦を描く映画だが、軽妙さの中に意味深い伏線を用意し、映画の色を予告するこのオープニングが素晴らしい。

田舎で一人暮らしをしている母親(風吹ジュン)が交通事故で足に怪我をした知らせを受け、佐和子と俊夫はペットの陸亀とともに、実家に帰って来る。

佐和子は運転免許取得のため、教習所通いを始めるが、同時に新作漫画のネーム(下書)の制作にも励む。毎日、教習所の送り迎えをする俊夫は、佐和子の変化に違和感を抱く。そして、新作のネームを読んでしまう。そこに描かれていたのは…。

物語はそのネーム=漫画の世界と、現実が交錯する形で描かれる。それは佐和子の妄想=創作なのか? 俊夫の様子からはあながち虚構ではないと推察できる。この夫婦間の心理戦がサスペンススリラーのアクセントになっている。

適材適所のキャスティングは申し分なく、余分な台詞を排し、仕草や目線や表情で展開するアンサンブル演技が秀抜。

巧妙なアイデアのオリジナル脚本を破綻なく仕上げた、堀江貴大監督の演出力も評価したい。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (5)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る