岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

個性と出会いが炸裂する傑作青春映画

2021年09月15日

子供はわかってあげない

©2020 「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社

【出演】上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大、古舘寛治/斉藤由貴/豊川悦司
【監督】沖田修一

弾ける若者2人を支える父・豊悦の圧巻の普通

今年はじめ、『おらおらでひもりいぐも』のレビューで、"沖田修一の映画には独特の間が存在する" と書いた記憶がある。 どことなく間延びしたような印象は、時に退屈を誘発する。しかし、それはもはや沖田のスタイルであり、映画の材に選ぶ人間が、どことなく浮世離れしている…この表現は相応しくない…少し、おかしい…全然、ホローになっていないが、独特の個性を持った主人公が選ばれていることを知れば、その頑固さが理解にかわる。

いきなり、アニメの映像…これが突っ込みたくなるほどに長い。それを観ているのが美波(上白石萌歌)で彼女の家族の日常の定点観測映像が続く。

原作は田島列島の同名コミックでなんとデビュー作。熱烈なファンを獲得しているとのことだが、コミックに疎い筆者はスルーするしかない。しかし、登場人物のキラ星個性は、見事に沖田映画の好みのキャラクターが並ぶ。

美波は高校2年で水泳部に所属している。ちょっと可笑しい顧問先生とちょっと不思議な部員がまわりにいるが、最近、美波を悩ませているのは、真剣ゾーンに入ると、笑ってしまうこと。背泳ぎのレースではラストスパートで天を仰ぐ顔には満面の笑み。

練習後、プールサイドからふと見上げた校舎の屋上に気になる人影を発見する。そこにはでっかい筆を使い、美波のアニメ推しキャラを描く書道部男子もじくん(細田佳央太)がいた。

美波の両親と弟の家族は実は、離婚歴のある合体家族だったり、もじくんの実家は代々続く書道家の家柄だったり、ワケありの設定はデフォルメル気味なのにリアルさを維持するのが、脚本と演出の妙。

夏休み、3年生最後の大会も無事に(?)終え、もじくんとも親密になり、高校生活を満喫している美波だったが、ひとり胸のうちには秘密の悩みがあった。

美波は"けじめ"をつけるべく、水泳部の合宿を口実に、実の父親(豊川悦司)との再会を決行する。新興宗教の元教祖という怪しさから解脱した父は普通の人だった。

はじめの違和感何処へやら、笑ったり泣いたり、気がつけば見事に引き込まれている。沖田の代表作となる青春映画の名品である。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (5)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る