岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

写真家・上田義彦の初監督映画

2021年07月21日

椿の庭

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners

【出演】富司純子、シム・ウンギョン、田辺誠一、清水綋治、チャン・チェン、鈴木京香
【監督・脚本・撮影】上田義彦

椿が咲き誇る高台の古い一軒家の記憶

写真家・上田義彦は、1957年兵庫県に生まれた。79年、ビジュアルアーツ専門学校を卒業後、早くも82年に独立し、化粧品、飲料、自動車、通信、アパレルと、幅広い業種にわたる大手の企業広告を手がけ、国内外の賞を多数受賞している。素材をピックアップすれば、これもそうだったのか、というくらいの作品につき当たる。

また、アート作品では、ネイティブアメリカン、日本の著名人といった、ポートレイトものから、フランク・ロイド・ライトの建築物を撮った写真集を発表している。2006年には自らの家族を13年に渡り撮り続けた「at Home」を出版した。妻はファッションモデルとして出会った桐島かれんで、4児の子宝にも恵まれた。かれんの弟ローランドもモデルから転じた写真家である。

映画『椿の庭』は写真家・上田義彦の初めての監督作品であり、脚本、撮影、編集も担当している。

映画のはじまりは、上田がかつて暮らした家の記憶にある。和洋折衷の古いその家の庭には、"乙女椿"が植えられ、4月になると見事な花が咲き誇った。また、ある日、近所にあった庭木のある古い家が解体される様子を目にする。家とともに壊される庭、その喪失のイメージが"物語"として書き継がれた。

庭に椿が咲き誇る高台にある古い一軒家。絹子(富司純子)は、長年連れ添った夫を亡くし、四十九日を終えたばかり。そんな絹子を気遣い、孫の渚(シム・ウンギョン)が一緒に暮らしている。静かな日常。

家にやって来る訪問者。娘の陶子(鈴木京香)、旧友の幸三(清水紘治)、甦る記憶は常に家とともにある。そんな穏やかな時間に家の売却という試練が忍び寄る。

写真家らしい切り取られた映像感覚は独特で、鮮烈な生命感あふれる"絵力"はさすがと思わせる。ただ、観念的なイメージが先行する物語は淡白な印象なのが惜しい。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (9)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る