岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

人の死に方から見える尊厳の重み

2020年03月27日

山中静夫氏の尊厳死

©2019映画「山中静夫氏の尊厳死」製作委員会

【出演】中村梅雀、津田寛治、小澤雄太、天野浩成、中西良太、増子倭文江、大島蓉子、石丸謙二郎、大方斐紗子、田中美里、浅田美代子、高畑淳子
【監督・脚本】村橋明郎

患者と医師の交流から見える生き方へのメッセージ

 この映画にはふたりの主人公が登場する。

 山中静夫(中村梅雀)は、末期癌で余命わずかと診断された。その時、心に湧き上がったのは、生まれ故郷の信州に戻り、最期を迎えたいという思いだった。

 医師の今井(津田寛治)は、病気からの呼び出しに自宅から駆けつける。病室のベッドには家族に見守られながら、最期を迎えようとする患者がいる。医師でありながらも、既に手の施しようはない。そして、静かに息を引き取る患者の最期を看取る。その日々の繰り返しに医師は疲れていた。

 映画で病というテーマを扱う時、デリケートな問題が発生する。その対象は老若様々になり、状況としては、闘病ものでも、試練を乗り越えて快方に向かうものもあれば、死に至るまでを直視するものもある。そういう時によく言われるのが、現実からの乖離であろう。特に、直面する体験をした人たちの当事者意識からは、状況が甘いとか、所詮は綺麗事にしか描かれていない、などの批判が発生する。これは至極真っ当な意見で、それに言葉を挟む余地はない。

 山中は生まれ育った故郷の山々(長野県佐久市)を見ながら最期を迎えたいと訴える。今井は家族の負担も考え、自宅のある静岡の病院での治療を薦めるのだが、山中の意思は固く、受け入れを決断することになる。

 山中静夫氏には、決められた生き方、あるいは死に方の道筋が決定されてしまっている。主治医となる今井がそれを正しく尊厳するのだが、山中の妻(高畑淳子)との間には、はじめは受け入れ難い距離が存在する。それは、受け手である観客が感じる違和感と同意で、山中の姿がわがままと見えることである。

 今井医師は繰り返されるお見送りに疲弊している。患者と対峙する誠意の殻が、厳しい現実によって剥がされていく。

 ふたりの交流の中に見えるのは、死に方の提示にとどまらない。生き方についての問いかけがある事が、この映画に厚みを持たせている。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

89%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (1)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る