岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

絶望した男の自分探しの日本への旅

2019年11月04日

命みじかし、恋せよ乙女

©2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

【出演】ゴロ・オイラー、入月絢、樹木希林
【監督】ドーリス・デリエ

樹木希林登場後に散りばめられた日本へのリスペクト

 ミュンヘンに住むカール(ゴロ・オイラー)は悲しみのなかにいた。アルコール依存症により仕事も失い、一度は再起を期待した家族をも裏切り、娘を連れた妻からは三行半を突きつけられた。救いようもない男の可哀想な泣き顔。

 そんなカールの元に、ユウ(入月絢)と名乗る日本人女性が訪ねてくる。その訪問に戸惑うカールだったが、ユウは10年前に日本を訪れたカールの亡き父親のルディと親交があり、墓参りと彼の住んだ土地と家を見に来た、という言葉には説得力があった。不思議な魅力を放つユウに対する猜疑は興味に変わり、次第に打ち解けていく。

 誰もいないカールの生家。そこには父母の生きた証が、いたるところに息づく。そしてカールは、両親がいつも居た部屋でふたりの亡霊と対峙する。アルコール依存症にまで転落したカールの心の傷が、両親との間にあったトラウマであることは何となく分かるが、それが明確に描かれるわけでもなく、映画はカールの精神的な迷宮と同化してしまう。

 唯一の心の支えとなっていたユウは、いつの間にか姿を消してしまう。精神的に不安定になったカールは森に飲み込まれ、瀕死の状態で病院に収容される。ベットの上で目覚めたカールは凍傷により男性器を失ったことを知る。

 監督のドーリス・デリエは1955年ドイツに生まれ、アメリカの大学で俳優の勉強をした後、ミュンヘンのテレビ・映画大学で学んだ。85年に東京映画祭に出品したのをきっかけに、禅、漁師、福島といった題材で、日本に関わる作品を完成させている。

 身も心も傷ついたカールは、消えたユウを捜すために日本へ向かう。そして、ユウの祖母が営む茅ヶ崎の旅館にたどり着く。祖母を演じるのが樹木希林で、混沌とした幽玄世界を解き明かす案内人となるのだが、観念で絡まった糸が解れることはない。

 旅館は実在の茅ヶ崎館が使われている。十数年前に一度宿泊したことがあるが、その時の記憶が、一瞬、雲間から見えて懐かしさに誘ってくれた。しかし、映画の物語の暗雲は晴れることなく終わる。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る