岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

さまざまな業を背負った女の日常

2019年04月13日

ともしび

2017 © Partner Media Investment - Left Field Ventures - Good Fortune Films

【出演】シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルム、ステファニー・ヴァン・ヴィーヴ、シモン・ビショップ、ファトゥ・トラオレ
【監督・脚本】アンドレア・パラオロ

孤独と絶望の先に見える生きる灯

 叫び声のような不穏な声が聞こえる。しばらくして、その声を発しているアンナ(シャーロット・ランプリング)のアップが映し出される。やがて、それが演劇のワークショップの発声訓練であることが分かる。老醜を曝け出し、女の内面に容赦なく入り込むことを予告するオープニング。

 とあるアパートメントの一室。アンナと夫の老齢の夫婦が慎ましやかな生活をともにしている。いつもの夕食の風景に見えるが、翌朝には別れが待っていることが暗示される。夫はそのまま、刑務所に収監される。

 ひとりになったアンナの生活。家では飼い犬に餌を与え、育てている植物に水をやる。仕事先は裕福な家庭の家政婦で、掃除のほかに幼い子どもの世話もしている。演劇のワークショップに参加し、老若男女とも交流を持っている。スポーツクラブではプールで泳ぎ、それなりに健康にも気を使っていることがうかがえる。淡々とした描写に徹したアンナの日常だが、そこに温もりはあるはずもなく、アンナの孤独が次第に強調される。

 さらに、孫の誕生日祝に息子の家を訪ねるが、激しく拒絶され、門前払いされる。夫の面会に行っても会話はない。何故、夫は逮捕されたのか?何故、子どもに拒絶されなければならないのか?答えが提示されることはない。

 1946年生まれのシャーロット・ランプリングは70歳を超える。かつての妖艶なイメージはない。水着姿の弛んだ背中の肉を、刻まれた顔のしわを、隠そうとはしない。内面を表現するとき、ありのままであるべきだと主張しているようにさえ感じる。

 アンナが海岸に打ち上げられた鯨の死骸を見に行く印象的なシーンがある。そこに彼女は自らの分身を見ただろうか?少なくともラストには、孤独と向きあい、生きる決意が見えることが救いになっている。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (9)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る