岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

ディーヴァの栄光と影

2019年03月02日

私は、マリア・カラス

© 2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema

【出演】マリア・カラス
【監督】トム・ヴォルフ

貫かれたプロの信念と愛

 マリア・カラスは1923年、ギリシャ系移民の子どもとして、アメリカ・ニューヨークで生まれた。36年にギリシャに渡り、アテネ音楽院で声楽を学んだ。50年にミラノ・スカラ座でデビュー、その演目はヴェルディのオペラ「アイーダ」だった。

 マリア・カラスの名前は、クラッシック、オペラのファンでなくとも広く知られているが、実際にその歌声に触れた人は少なく、彼女のスキャンダラスな生き様に特化した知名度かもしれない。映画では69年に製作されたピエロ・パオロ・パゾリーニ監督の『王女メディア』に出演したが、その頃のカラスのキャリアは、すでに散発的なものになっていた。

 『私は、マリア・カラス』は、没後40年、未完の自叙伝の発見によって、新たに紐解かれることになったいくつかの資料をもとに、彼女の生き様を再構築し、謎多き私生活にスポットを当て、プロフェッショナルとしての苦悩を描いたドキュメンタリーとなっている。

 舞台に立つマリア・カラスのモノクロの映像がある。プッチーニの「トスカ」「蝶々夫人」、ヴェルディの「椿姫」、ビゼーの「カルメン」など、“世界にひとつ”と言われた歌声を堪能するにはあまりにはかない断片だが、そのカリスマ性を垣間見ることはできる。

 58年、ローマ歌劇場の公演での途中出演放棄はスキャンダルにさらされる。逃れるようにフランスに渡り、パリ・オペラ座でコンサート形式で行われた「トスカ」の第2幕は、伝説の舞台と評価されるなど、その浮き沈みは激しい。一方、私生活ではギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛がクローズアップされる。 オペラの舞台は、声楽家の力量とともに演技力が問われるという。まさにカラスは、プロフェッショナルの信念を貫き、マリアを演じ切った。

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

観てみたい

100%
  • 観たい! (7)
  • 検討する (0)

語り手:覗き見猫

映画にはまって40数年。近頃、めっきり視力が衰えてきましたが、字幕を追う集中力はまだまだ大丈夫です。好きなジャンルは? 人間ドラマ…面白くない半端な回答…甘い青春映画も大好きです。

ページトップへ戻る