岐阜新聞 映画部

いま、どこかで出会える作品たち

Meet somewhere

民主主義の大切さと獲得するための犠牲を鮮烈に描く

2018年11月17日

1987、ある闘いの真実

©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

【出演】キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、キム・テリ、ユ・ヘジン、ソル・ギョング、カン・ドンウォン
【監督】チャン・ジュナン

人間ドラマとしても半端ない面白さ

 韓国国民が民主憲法実現を勝ち得た、1987年の民主化闘争を描いた実録映画である。

 民主化が遅れた韓国では、政治的な映画が皆無に近い現在の日本とは違い、今も骨のある政治的な映画が作られて多くの観客の支持を受けていることが分かる。

 軍事政権下の韓国で、警察の治安本部の尋問中にソウル大学の学生が死亡する。拷問による死を隠蔽しようとする警察と、真相を暴こうとする検事、新聞記者らの攻防がダイナミックに描かれる。韓国現代史の大きな転機となる民主化闘争、その立役者となった人々と出来事が生き生きと活写され、画面に釘付けにされる。

 たくさんの登場人物が、目まぐるしいストーリー展開の中に埋没することなく、それぞれに存在感を自己主張しているので、人間ドラマとしても半端ない面白さだ。

 民主主義のかけがえのない大切さと、それを獲得するための大きな犠牲や痛みを鮮烈に描いた社会派群像劇の傑作を生んだ、チャン・ジュナン監督及び俳優陣に拍手を送りたい。

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

観てみたい

100%
  • 観たい! (8)
  • 検討する (0)

語り手:井上 章

映画鑑賞歴44年。出来る限り映画館で観ることをモットーとし、日本映画も外国映画も、新作も旧作も、ジャンルを問わず観てきたおかげか、2006年に、最初の映画検定1級の試験に最高点で合格しました。

ページトップへ戻る